いろいろな料理にまるごとすりおろして使うと、効果抜群!皮ごと食べると1個で5倍の栄養が摂取できます。完全無農薬のレモンは日本一の品質で当店の一番人気です。
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:45
2019年04月06日
河合果樹園の柑橘類もほぼ完売となりました。
残りは加工品のみとなりますのでよろしくお願いいたします。
また初秋に収穫ができ次第、ネットショップで販売をさせていただきます。
昨年の台風の影響で収穫物が一時的に少なくなってしまうことをご承知ください。

4月14日(日曜日)NHK総合で放送される日本農業賞大地の恵みコンサートの中で、河合果樹園が紹介されます。放送のタイミングが物のない時季になってしまい増したことをこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

今後とも河合果樹園を末永くよろしくお願いします。
2019年03月20日
3月9日にNHKホールで行われた
日本農業賞の表彰式がTVで放送されます。
3月23日(土曜日)15:00~ NHK:Eテレ

日本農業賞に付随しているコンサート、
大地の恵みの放送です。
私もステージに上げさせていただきました。
4月14日(日曜日) 13:50~
2019年02月01日
今シーズンは4度の台風により大きな爪痕を河合果樹園の農産物につけられてしまいました。
特にひどかったのは台風24号!、働き盛りの無農薬レモネーディアの温室は半壊。
中のレモネーディアは傷だらけで、廃棄したり加工に回したりして、
皆さんにお送りできるものが極端に少なくなってしまいました。
例年より早く、1月には販売終了となりご迷惑をおかけしています。
半壊の温室は借りているところなので、来年からは収穫は見込めません。
作り手としてはつらい決断ですが、これも自然の摂理と思い新たな道を模索しなければん張りません。
今回の被害で多く農家が廃業します。つらいですが自然を相手にする生業の宿命です。
皆さんの温かい声をバネにして頑張っていこうと思います。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。
2019年01月01日
新年、明けましておめでとうございます。旧年中は河合果樹園商品をお買い上げいただきまして、ありがとうございました。昨年は「災」という漢字が示すように、台風で甚大な被害を受けた年でした。少しずつ回復させても経験からすると3年の月は必要だと考えています。しかし私たちが無農薬の空間を演出できるのも、買い支えてくださる皆様のおかげだと感謝しながら、今年も柑橘作りに邁進して行く所存です。本年もよろしくお願いします。
2018年05月02日
 無農薬レモンと無農薬レモネーディアは秋の収穫に向けて少しずつ成長しています。冬の異常な低温で今年も落ちてしまう花が多い。木の内部ではマイナスの温度による細胞の死があるのかもしれない。頑張って種を残そうと必死に花を咲かすのであるが、咲かすことに多くのエネルギーを消費ししていまい、実の量を自主的に調整しているのだと思う。自然の中で仕事をしているとそういったことを全身でレモンの木と一緒に感じながらいることができる。幸せなことであるが、自然と乖離している世界とのコミュニケーションは難しい。
 とにかく病気の出ないように、祈るばかりである。少加温の無農薬レモネーディアの温室では今年はアブラムシの天敵がなぜか発生してこなくて、アブラムシに樹液を吸われてしまい、実の止まりが極端に悪くなってしまった。こんなことも初体験。異常気象の中、自然に逆らわず、ゆっくりと構えていきたいと思う。皆様にご迷惑をおかけするというか、この異常気象を共有していただければ幸いです。
2018年03月09日
我が家の河津桜がもうすぐ満開です。今年は花も大きくて濃いピンクで、数年ぶりに美人的咲き方をしています。3月9日、半年にわたり買い支えていただいた無農薬レモネーディアが我が家からなくなりました。皆様のおかげで来年も頑張って作っていこうと心新たな気持ちで頑張っていきますので、来シーズンも何卒よろしくお願いします。少加温の温室では早くも花が咲き始めています。現在、アブラムシとの戦闘まっただ中。こんな戦いも楽しんでいきたいと思います。半年間、ありがとうございました。
2018年01月01日
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

昨年は春の干ばつから始まり、空梅雨、10月の二度の台風と本当に苦しめられた年となりました。皆様にお渡しできるものが当たり前にできなくなっているのが現状です。台風が来ると悪玉菌が活性化し、突き抜けた品質を維持するのに苦労して3年。なかなか突破口を見つけられずにいます。
年が変わり気持ち新たに新しい技術に取り組んでいこうと思っていますので、今後とも河合果樹園の取り組みへのご理解と応援をよろしくお願いします。
皆さまにとってより良き年と成りますように、祈念しております。

河合果樹園 代表 河合浩樹
2017年06月23日
このところ「レモン酢」の本を読まれた方から、お電話が多くなった。
皆さん、レモンは夏に収穫する果物だと思い込んでいるようだ。
温室の中で重油をたいて作ればある程度夏に採れるが、
河合果樹園では夏はためしてガッテンで提案させて頂いたレモンを冷凍にして夏場をしのいでもらっている。
確かにレモンはイタリアのさんさんと輝く太陽の下で黄色くなっているイメージが強い。
河合果樹園の無農薬レモンの収穫時季は、お手数ですが、
このページの右側「無農薬レモン栽培カレンダー」をご覧ください。
8月下旬から、酸味の少なく香りの強い無農薬レモネーディアを収穫できるように、
頑張って管理していきますのでよろしくお願いします。
2017年03月08日
店長日記、長らく更新を失念していまして大変申し訳ありませんでした。3月上旬に、長い間買い支えていただいているお客様への発送が終わり、残りの販売をこのネットショップで販売させていただけるようになりました。多くの皆様にいつも売り切れだとお叱りを受けておりましたが、やっと気持ちが楽になっています。このところの温暖化で安定して作れなくなってきていますが、なにとぞよろしくお願いします。
2017年01月20日
新しい年が始まり、心新たに仕事に励んでいます。
年々老いる体をどう維持するかを考えながら、まだまだ頑張っていきますのでよろしくお願いします。
最近思うのは私たち農家は体と頭をフルに使う仕事のため、ある部分アスリートと同じではないかと思う時があります。そのため植物の生理だけではなく体の生理も学んでいます。その過程で植物も人間でも大事な部分は同じで、いかに上手に吸収し部位を作かにかかっています。もっと突き詰めると植物には土壌微生物環境が大切で、人間には腸内微生物環境が大切なことが分かります。基本的な部分は同じなんですね。河合果樹園の微生物をつかった栽培が間違ってないと思う今日この頃です。
2016年10月25日
今年の河合果樹園の無農薬レモンとレモネーディアは今までにない程不作。
それは5月10日の急激な温度の上昇で、実が落ちてしまったため。
止まらない温暖化に翻弄されて、経験値を超えてしまったシーズンです。
せっかく待ってくれていた皆様に少ししかお送りできないもどかしさは、
長年直接販売をしてきて初めての経験と言ってもいい。
これから一生懸命温暖化対策をしていきますので、今後とも河合果樹園を末永くよろしくお願いします。
2016年06月21日
ここ愛知県豊橋市も本格的な梅雨の様相になって来た。
みかんの肥大には恵みの雨だけれど、すべてはほどほどという言葉が付随する。
それほど農産物はデリケートなもので、過剰な水分は食べてくださる人達の手からそれを奪い取っていく。
この時期どっちに転んでも、農夫の心配は尽きないのです。

河合果樹園ではお中元の受け付けを始めています。
そのためにいろいろな商品を準備していたのですが、予定より早く売り切れてしまった物もあり、選択肢が少なくなってしまいました。
生産に限りあるということに価値を見いだしてくださるお客様も多いですが、作り手としてこのあたりはいつも葛藤がつきまといます。
7月中旬からは温室みかんもラインナップに入る予定ですので、よろしくお願いします。
2016年04月07日
無農薬レモンの収穫も終わり、残すは冷凍レモンと自然栽培レモンが少々。
無農薬レモネーディアは小ぶりちゃんが残り5ケースと、加温栽培の天祐魁偉があります。天祐魁偉は収穫でき次第、アップする予定です。m(_ _)m
順調にいけば8月下旬にはレモネーディアの収穫をしたいと思っています。
お天道様よろしくお願いいたします。

これから暑くなるとビールの季節です。初恋レモン・レモネードとビールのカクテルを是非お試しあれ!世界的にはパナシェとよばれ、ここ豊橋では初恋レモンアイと呼んでいます。豊橋百儂人のキッチンカーでも販売する予定ですので、イベント会場で一声かけていただければ幸いです。

それと初恋レモン・塩レモンペーストを冷たい水に溶かして塩分補給なんていう楽しみ方もあります。ちょっとした生活のアクセントが、健康で楽しい日日を演出してくれます。
2016年01月26日
11月までは順調に生育していた無農薬レモンですが、11月の高温と長雨で収穫量が激減となってしまいました。ご迷惑をおかけします。ご予約のお客様にお届け完了後、余裕があるようでしたらネットショップにアップさせて頂きます。これほど自然に翻弄された年もありません。来シーズンへの課題として、たくさん採れることように取り組んでいきますので、今後ともよろしくお願いいたします。無農薬レモネーディアについては、まだまだ販売可能です。
2015年11月07日
秋の深まりとともに、河合果樹園の果物たちがたわわに実って、早く採ってくれといわんばかりになってきました。切ると分かる果汁の多さ、そして断面の美しさ。毎日、レモンスライスをまるごと食べて、忙しさの裏に潜む病魔をやりすごしています。健康第一ですが、これから早生みかんの収穫まっただ中です。台風が来なかったおかげで、収穫4ヶ月前には薬剤散布を終了していますので、ご安心ください。
 もう一つご報告です。毎日新聞主催の毎日農業記録賞で優秀賞をいただきました。ひとえに買い支えてくださる皆様のおかげだと思っています。今後とも河合果樹園をよろしくお願いします。
2015年06月12日
梅雨に入ってちょっと蒸しっとしてきましたね。
河合果樹園では露地みかんの摘果の真っ最中。
毎日空を眺めながら、他の仕事と組み合わせて働いています。
無農薬レモンや無農薬レモネーディアは今のところ、
順調に生育しています。このまま行ってほしいですね。

今日から(6月12日)お中元のご予約を開始しました。
河合果樹園の商品の詰合わせを、よろしくお願いします。
当園では添加物をいっさい使わない商品作りを目指しています。
2015年05月02日
5月になり、露地みかんの蕾が一気に大きくなってきた。蕾が付き過ぎた木は蕾を落とす作業をして来年に備える。農薬を減らすために、少肥料栽培なので時間と根気がいる作業だけれど毎年行う。少肥料栽培にすることで農薬が減らすことができ、自然の甘さのみかんに仕上がる。ホルモン剤を使って糖度を上げる方法では、昔懐かしい自然の甘さは再現できないと考える。無農薬レモンとレモネーディアは開花も終盤で、早いものは小さな実になってきた。温室みかんはもうすぐ加温を停止して、7月中旬の収獲へ向けた管理へと移行する。このところの乾燥で水管理が大変になって来た。

加工品のお試しセットをお客様からのリクエストで商品登録した。いろいろなご意見をいただけるのは本当にありがたいことである。無農薬レモンと無農薬レモネーディアを使用した大人の初恋レモンシリーズは添加物をいっさい使わずに、本物の味を目指して販売をさせてもらっている。レモン本来の味は皮を使うことで現れる。どうしても値段は高めになってしまいますが、唯一無二の本物だと理解していただければ幸いです。
2015年02月28日
今年の冬は毎週雨が降り、強力に乾燥したといった記憶がないように思う。
この時季の雨は木の芽起こしといい、木々が芽や花を出すために大切なものである。早く春が来ないかな~というのが本音である。
無農薬フルーツレモンの収穫も終盤戦。ご予約いただいている定期発送のお客様の分の発送が終わる来週以降、最後の販売量が分かる。どれだけなっているかの予想は毎年本当に頭が痛いところなのです。ネットショップ果樹園の初恋を時々覗いてくださいね。夏場の冷凍ストック用のレモンに是非どうぞ!よろしくお願いします。
2015年01月04日
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は皆様に買い支えていただきまして、本当にお世話になりました。
難しい栽培を止めずに続けて行くことができるのも、
ひとえに皆様のおかげだと今後も精進していくつもりです。
本年もよろしくお願いいたします。

1月14日(水曜日)に東海テレビ スイッチ(AM9:50~)
という番組で無農薬レモネーディアの料理を取り上げていただく予定です。
我が町ご自慢飯!のなかで、チャンカワイさんにおもいっきり食べて唸っていただきました。
中京地域の皆様、お時間が許されましたら是非ご覧ください。
収録より1ヶ月ほどたってからの放送なので、無農薬レモネーディアはだいぶ色付いて来ています。
商品番号【601】と【603】、無農薬にこだわらないという方は商品番号【1201】を
お選びいただければと思います。
2014年11月10日
お歳暮用の「レモネーディアづくし」の受付を始めました。
今年からチャレンジしている初恋レモンの加工品。
無農薬レモネーディアで造った初恋レモン・レモネードと初恋レモン・マーマレードと無農薬レモネーディアを化粧箱に入れてお得なセットにしてみました。
他では決して買うことができない世界でひとつだけの味を送ってみませんか?
いただいた方の驚き、必ず誘われるはずです。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス